中古車 買取(下取り)相場/査定・売却価格

愛車を売るといくらになるか?
買取り価格を知っておこう!

中古車の
かんたん無料査定はこちら




愛車を処分、廃車するなら、買取り・下取りすることをおすすめします。
理由は当然、売却するメリットがあるからです。

中古車として必要とする車買取り業者がたくさんあります。
昔なら近所の車買取り店を探して、1店舗ずつ値段を聞いてまわる必要がありましたが、今ではインターネットで無料で一括査定が可能です。

査定するときは、数社の見積もりを比較することが重要です。
なぜなら、業者によって査定価格がバラバラだからです。
(値段がバラバラになるのは在庫状況などが理由です)

愛車の買取り価格相場を知り、複数の見積もりを比較して、一番高い所に売却するのが理想です。
数社の買取り見積もり額をまとめて査定できる、車買取り価格の一括査定サイトが愛車の値段を知る方法として便利です。
⇒ 中古車の一括無料査定はこちら

廃車する事故車も買取りになるケースもあるので、一括査定を試してみることをおすすめします。
もちろん査定だけして売却しなくてもOKなので、まずは無料で一括査定をしてみて、愛車の相場を知ることが大切です。

ちなみに車検切れの車も中古車買取してもらうことができます。
(車検切れでも車検を取り直す必要はありません)

故障車を買い取ってもらえるか、心配される方も多いと思いますが、もちろん査定額が下がる可能性はありますが
まずは買取り査定を依頼してみることをおすすめします。

新車を購入する予定の方は、乗り換えするために下取り価格を知る必要があります。
下取りのメリットは新車を購入する店舗に売却するので、手間が省けることです。
しかし査定額は業者によって違いますので、その査定額が一番高いとは限りません。

下取りする場合も数社の査定額を見積もりして、愛車の価格相場を知っておき、プラス査定の業者に売却する方法もあります。
少しでも高い査定額で売却できれば、新車を購入する費用の負担も軽減されるので、
まずはインターネットの中古車買取り一括査定(無料)をおすすめします。



車を高く売るコツは…

車を売るときに「少しでも買取り価格を上げて売りたい」という方も多いと思います。
高い評価額を得るために、実は査定の前に準備した方が良いポイントがいくつかありますので紹介します。

査定前に車をキレイに洗車して、車内のクリーニングをしておくことが一つ目の重要なポイントになります。
「中古車として販売されるまでに業者が車をキレイにするから意味が無い」と考える方も多いと思いますが、査定前に洗車や掃除をすることで、大切に乗っていたことをアピールすることができるからです。

機械がチェックするわけでなく、人間の目視チェックによる査定ですので、第一印象がやはり重要になります。
汚れていたり大事に扱われていない印象は、評価を下げる要因になりますので、見積もりを依頼する前に愛車の洗車と掃除をして、しっかり準備をすることをおすすめします。
喫煙する方は、タバコのニオイを消臭スプレーで消して万全の状態で査定しましょう。

ボディのキズは修理してから査定するべきか?悩む方も多いと思いますが、自分で修復できるような小さなキズは磨いて消しておくと良いです。
引っ掻きキズや凹みなど自分で修復できないキズは、査定前に修理業者に持ち込んだ方が良いか悩むところですが、この場合そのまま査定に出すことをおすすめします。
その理由は、査定業者のほとんどは自社で修理工場と提携しており、安い価格で修理ができるからです。
したがって自分の手に負えないキズや凹みは、そのまま査定業者に出して相談すると良いでしょう。

車のパーツはプラス査定になるか、気になる方も多いと思いますが、パーツに関しては種類も結果もモノによります。
一般的にはメーカー純正のオプションパーツが人気があることが多く、プラス査定になりやすいと考えられています。
車のパーツの需要も様々ですので、基本は純正パーツを装着した状態で買取をしてもらい、社外パーツはパーツショップやネットオークションで売却しておくと良いかもしれません。

車検の有効期限が長い車はプラス査定が期待できるか?それは残念ながら車検の期限はあまり関係ありません。
もちろん車検切れが近い場合、査定額がマイナスになることは否定できませんが、プラス査定にしてもらうために車検を通すことはおすすめできません。
なぜなら車検に掛かる費用分がプラスされることはありえないからです。
買取業者は提携する車検業者に割安価格で車検を依頼することができるため、車検期限で査定額がプラスになることは考えずに、査定にかけてしまう方が賢明といえます。

これまでいくつか車を高く売るためのテクニックを紹介しましたが、自分にとって一番メリットのある方法を考えて、しっかり準備をして査定を依頼しましょう。

このページの先頭へ