アキュラ CL 買取(下取り)査定

CLを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

アキュラ CLの
かんたん無料査定はこちら




アキュラ CL 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。


アキュラ CLについて
CL(シーエル)は、本田技研工業が以前、生産しアキュラとして販売していたクーペ型の乗用車。
1996年から2004年までのCLは、アキュラのミッドサイズクーペとして、高級感があり、スポーツテイストな性質も兼ね備えた車のタイプだった。
1996年にアキュラ・レジェンドのセダンからアキュラ・RLにモデルチェンジして、クーペではなくなり、車種のタイプが違うが性質は後継車種となっている。
アキュラ CLのデザインはホンダR&Dアメリカにつくられ、アメリカで設計・生産されたアキュラ車種の最初の車種。
1995年の北米国際オートショーで次世代コンセプトカーのアキュラ・CL-Xをホンダが発表し、翌年にCLが販売された。
TLのクーペバージョンとしてラインナップ。
アキュラ CLは1999年に最初のCLの生産が終わり、2000年にフルモデルチェンジされた。
アキュラ CL2代目のデザインについては先に販売開始されたTLと同様になっており、CL-Xにも似ている。

アキュラ CL 初代 YA1/2/3型
2代目 YA4型

外車、アメ車、ドイツ車の買取も対応

CL買取相場/売却・査定価格を知ろう

アキュラ CL はホンダの高級車ブランドであるアキュラにおいて、1996年から2004年まで販売されていた2ドアクーペです。日本ではインスパイア/セイバーとして販売されたアキュラ・TLとプラットフォームを共有し、高級感とスポーティさを併せ持ったクルマとして登場しました。初代に搭載されたエンジンは、2.2L 直列4気筒 SOHC VTECエンジン及び3.0L V型6気筒 SOHC VTECでした。

2000年にモデルチェンジが行われ、エンジンがV6 3.2L SOHC VTECにサイズアップしています。アキュラ CLの特徴としては、2ドアクーペスタイルを採用しながらも、落ち着きのあるデザインを採用し、大人のクーペに仕上げていることです。ただ走り出せば、のびのあるVTECエンジンに前後スポーティなダブルウィッシュボーンサスペンションの組み合わせによって、気持ちの良い走りを楽しむことができます。

アキュラ CLは、日本国内においては輸入という形になるので販売台数が非常に少なく、買取査定においては、明確な相場を形成しているわけではありません。ただ、相場を形成していないからといって、売ることができないというわけではありません。日本では珍しいアキュラブランドであることなどを武器に、複数の買取業者から査定してもらうことによって、高値で売ることも可能です。

このページの先頭へ