オペル アストラワゴン 買取(下取り)査定

アストラワゴンを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

オペル アストラワゴンの
かんたん無料査定はこちら




オペル アストラワゴン 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。
外車、アメ車、欧州車の買取も対応

オペル アストラワゴン買取相場/売却・査定価格を知ろう

オペル・アストラワゴンは、ドイツの自動車メーカーでゼネラルモーターズの傘下にあるオペルが1991年より製造販売しているコンパクトカーのワゴンタイプです。
初代モデルは、世界80個所で販売台数270万台を誇り、ゼネラルモーターズグループの中で最高の販売台数を記録しました。
当時世界で最も販売台数が多かったのは、トヨタ・カローラでしたが、それに次ぐ世界第2位の販売台数となる、1997年には西ヨーロッパでは販売台数で第1位を記録し、アストラワゴンに関しては、本国ドイツでは第一位の売り上げを記録しています。
これにあわてたフォルクスワーゲン・ゴルフも急きょワゴンを投入することになったほどです。

日本国内においても、比較的手軽にドイツ車が購入することができるということで人気となり、ハッチバック、セダン、ガブリオレ、そしてワゴンとすべてのボディタイプが輸入されました。
日本国内仕様のパワートレインは、1996年までどのタイプもC20NE型 2.0L SOHCエンジンが搭載され、トランスミッションは4速ATが組み合わされました。
1997年になると、全モデルがエコテックエンジンと呼ばれるエンジンに変更され、GL系は1.6L、ワゴンは1.8L、SPORT系は2.0Lエンジンが搭載されました。

1998年に2代目にフルモデルチェンジされましたが、話題となったのは、アルミニウム製のサブフレームが採用され、ボディ剛性が2倍に向上したことです。
これにより剛性感のある上質な乗り味となりました。2004年に3代目にフルモデルチェンジされ、販売開始からわずか2年で100万台を売り上げますが、2006年にオペルが日本国内から撤退したことにより、日本国内での正規輸入販売は終了となりました。
日本ではフォルクスワーゲン・ゴルフの陰に隠れるようにな形になってしまいましたが、クルマ自体は決して悪くなく、故障も少なくて、オーナーからは高い評価を得ています。

アストラワゴンを売る場合は、まず買取査定相場を確かめることが大切です。
かなり古くなっていますが、ワゴンブームの波にのって日本国内でも人気のモデルでしたので、じっくり交渉し、少なくとも買取査定相場よりも高値で売ることを目指したいところです。
年式や走行距離などにもよりますが、平均すると40万円前後で買取査定相場は推移しています。
数が非常に少ないので、希少性を武器に交渉するのも手です。

このページの先頭へ