オペル ティグラ 買取(下取り)査定

ティグラを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

オペル ティグラの
かんたん無料査定はこちら




オペル ティグラ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。
外車、アメ車、欧州車の買取も対応

オペル ティグラ買取相場/売却・査定価格を知ろう

オペル ティグラはドイツの自動車メーカーであり、米国ゼネラルモーターズの子会社であるオペルが1994年から2009年まで製造販売していたコンパクトクーペです。
オペル ティグラは販売される国によってブランド名が違っており、たとえばイギリスではボクスホール・ティグラという車名で販売され、ブラジルではシボレー・ティグラという車名で販売されました。

初代モデルは、オペルコルサ(日本名ヴィータ)をベースにして作られました。
デザイン優先で作られたために、後部座席のルーフが非常に低くなっており、慎重が160cm以上ある方は頭がルーフにつかえてしまいます。
実質上、後部座席は子供専用と割り切った方が良いでしょう。ただ後部座席を前方に倒せば、広いラゲッジスペースが生まれます。
日本国内には1995年にヤナセを通して、1.4Lのガソリンエンジンモデルが輸入されました。1999年にはエンジンが1.6Lまでサイズアップされましたが、2001年に生産が中止されました。

3年後の2004年に2代目にモデルチェンジしましたが、クーペモデルではなく、ルーフが開閉可能なツイントップのクーペガブリオレスタイルに生まれ変わりました。
デザインは日本人デザイナーの児玉英雄氏が手掛けており、全体のシルエットは先代モデルのデザインを踏襲しています。
2004年カブリオ・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、海外では高く評価されましたが、日本に正規輸入されることはありませんでした。
なお、2代目オペル ティグラを製造販売したのは、オペルではなく、フランスのコーチビルダーであるユーリエで、2009年夏に生産終了となっています。

オペル ティグラは機能性は低いですが、デザインの良さと高速でも安定したアウトバーン育ちの走りが魅力です。
また、ほとんど見かけることがないという点で、他人と同じクルマに乗りたくないという人におすすめです。
また、売る場合は、買取査定相場を知って参考にしたいところですが、古い輸入車であることと、2代目は正規輸入がされていなかったことから、ほとんど中古車市場に流通しておらず、相場を形成していません。
また、オペルが日本から撤退してしまったので、メンテナンスを考えると不安があります。
そのようなことから、買取査定額も高値を期待するのが難しいところです。
したがって、売るときには1社でも多くの買取店と交渉して、最高値の査定額を付けてくれた業者を見つけることが重要になります。

このページの先頭へ