キャデラックドゥビル 買取(下取り)査定

ドゥビルを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

キャデラックドゥビルの
かんたん無料査定はこちら




キャデラックドゥビル 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。
外車、アメ車、欧州車の買取も対応

ドゥビル買取相場/売却・査定価格を知ろう

キャデラックドゥビルは、アメリカの自動車メーカーゼネラルモーターズの高級モデルブランド、キャデラックから販売されていたフルサイズの高級セダンです。
ドゥビルという名称はフランス語で都市とか街を意味する言葉で、その名のとおり都会的で街並みに似合うクルマというイメージで開発されました。
アメリカではDeVilleという車名で販売されていますが、日本国内では悪魔を意味するデビルと誤解される恐れを考慮し、フリートウッド・エレガンスやコンコースという車名で販売されていましたが、10代目モデルでは発音を少し変えてこのドゥビルという名称にしています。

初代モデルは1949年に発売になり、10代目キャデラックドゥビルは1999年から輸入されています。プラットフォームは、セビルでも使われていたGM Kプラットフォームが使われています。
パワートレインは、V型8気筒 4.6L ノーススターエンジンが搭載され、駆動方式は前輪駆動、組み合わされるトランスミッションは4速ハイドラマチックトランスミッションです。
なお、このトランスミッションはフロアタイプとコラムタイプが用意されました。
グレードはラグジュアリーモデルであるDHSと、スポーティモデルであるDTSがあり、両者の違いはエンジンの特性で、DHSでは出力が重視され、DTSでは出力だけでなくトルクも向上させています。

2005年2月9日にマイナーチェンジが行われましたが、その際にデビューから50年以上にわたって使われてきたドゥビルという名称が消滅し、グレード名だったDTSがそのまま車名となっています。
外観はフロントマスクの厚みが増し、高級感と迫力がアップしています。ただし、エンジンやトランスミッションなどは前モデルのものが使われています。

キャデラックドゥビルはアメリカのフルサイズセダンとして魅力のあるクルマです。
日本国内にもアメ車のフアンは大勢いますので、それを武器に、中古車を売る場合は買取査定額の相場をチェックして、じっくり交渉に臨む必要があります。
買取査定相場は、一括査定サイトで見積もりを取るとわかりやすいです。複数の買取業者が査定額をメールしてきますので、その平均が相場と考えたら良いでしょう。
それを基準にしながら、査定額が高額だった買取業者を2~3社絞って交渉を進めていくほか、アメ車専門の中古車店とも直接交渉を進めていくと効果的です。
最終的には、その中で最も高値の買取価格をつけてくれた業者に売ると良いでしょう。

このページの先頭へ