キャデラックCTS 買取(下取り)査定

キャデラックCTSを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

キャデラックCTSの
かんたん無料査定はこちら




キャデラックCTS 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。


キャデラックCTSについて
CTS(シーティーエス)は、アメリカの自動車メーカーゼネラルモーターズに製造され、キャデラックとして販売されているミドルサイズラグジュアリーセダン。
それまでキャデラックは北米での販売が中心で、他のエリアだと車体の大きさが理由で、人気が出ず販売台数も伸びることはなかった。
キャデラックの購買層も60代以上の年齢が中心だったため、老人が乗る車というイメージがあった。
若者に向けて、若者に愛される車の開発を進めて、以前のタイプより小さく、スポーツテイストなCTSを生み出した。
CTSの開発では今までにないFRプラットフォームを設計し、何度も走行試験を繰り返し性能を向上させるなど、数年にわたり作り上げた。
2003年モデルはシグマ・アーキテクチャというプラットフォームを搭載。
2009年モデルとしてCTSのアップグレード版で2代目の「キャデラック・CTS-V」、
2010年モデルとして「キャデラック・CTSクーペ」「キャデラック・CTSスポーツワゴン」など。

外車、アメ車、ドイツ車の買取も対応

キャデラックCTS買取相場/売却・査定価格を知ろう

2003年に発売されたキャデラックCTSは若年層向けに開発された車です。
現在で3代目となっていますが、4ドアラグジュアリーセダンの名目になっていますが、走りに対するキャデラックの構想が前面に出されてもいます。
そのためラグジュアリーと言うよりスポーツセダンの趣の強い車の仕上がりになっています。エンジンも3代目はV型6気筒 3.6Lでトランスミッションは6速ATを採用しています。

キャデラックCTSの買取査定の相場としては、登録年月日が最近のものや走行距離で買取査定で大きく変化してきます。
また相場自体も月ごとで変動幅も大きく変わる為、売る時期を見極める必要性が高いと言えます。
キャデラックCTSは買取査定の走行距離が平均で約2万7千キロであるため新車登録時から見ると、新車で購入してから売るまでの時間が短いとも言えます。
年式も新車登録時から5年以内であれば高値での売却が可能です。5年以上経過している場合は買取価格の変動幅が大きい為20~30万の開きもあります。またグレードも最低でもラグジュアリー以上でなければ査定相場での価格差が大きくなっているデーターも出ています。

よってこのキャデラックCTSの買取査定を考えているなら年式は登録から5年以内で走行距離が3万キロ以下・グレードはラグジュアリー以上であれば高値での取引が可能と言う結論に達します。

このページの先頭へ