クライスラールバロン 買取(下取り)査定

クライスラールバロンを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

クライスラールバロンの
かんたん無料査定はこちら




クライスラールバロン 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。
外車、アメ車、欧州車の買取も対応

クライスラールバロン買取相場/売却・査定価格を知ろう

クライスラー クライスラールバロンは、クライスラーが1997年から1994年まで製造販売していた乗用車で、同社では中・高年齢向けにミッドサイズのクーペであるクライスラー・コルドバを製造販売していましたが、その若者向けバージョンというかたちで登場しました。
車名のルバロンとは、スペイン語で男爵という意味がある言葉ですが、スペイン語の発音でレバロンと呼ばれることもあります。

1997年に初代クライスラールバロンが登場したとき、優雅でスポーティなクーペスタイルが美しく、同時に販売された4ドア・セダンとステーションワゴンは、クライスラー初のミッドサイズでした。乗車定員は6人という点も、日本車にはない広々とした室内を有していることがわかります。
搭載されたエンジンは、225ci L6エンジンと318ci V8エンジンの2種類で、トラスミッションは3速ATが組み合わされました。警察車両としても多く使用され、姉妹車にはダッジ・ディプロマットがありました。

1982年にフルモデルチェンジしましたが、その際にサイズダウンされミッドサイズクラスからコンパクトサイズとなりました。
また、初代モデルにはなかった2ドアコンバーチブルも用意されました。アメリカ国内では久々の2ドアコンバーチブルだったこともあって、大変よく売れました。
また派生モデルとして1985年から1989年までクライスラールバロンGTSシリーズが販売されます。プラットフォームは別のものが使用されましたが、スポーティなセダンという位置づけでした。

1987年に3代目にフルモデルチェンジし、サイズは再びミッドサイズに戻ります。2ドアと4ドアが用意されましたが、プラットフォームは全く別のものが使用されました。
2ドアクーペやコンバーチブルはスポーティな味付けとなり、2.2 L4 ターボエンジンや2.5 L4 ターボエンジンなどの高性能エンジンが搭載されました。4ドアセダンは、格安な価格を設定しながらも充実した装備が魅力でした。

クライスラールバロンを売る場合は、まず査定価格の相場を知り、それを基準に売るようにすることが大切です。
年式が古いクルマですので安く買いたたかれる可能性もありますが、複数の買取業者から根気強く交渉を重ねていくことで、査定価格が相場よりも高くもっていくことが可能となります。
インターネットの一括査定サイトなどを利用すると、一度の手続きで複数の買取業者に査定依頼ができるので便利でしょう。

このページの先頭へ