クライスラー 300 買取(下取り)査定

クライスラー 300M、300C、
300Cツーリングなどを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

クライスラー 300の
かんたん無料査定はこちら




クライスラー 300 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。


クライスラー 300について
クライスラー300(Chrysler 300)は、クライスラー社が生産する自動車。
クライスラー 300Mは1999年に、クライスラー・ビジョン、イーグル・ビジョンに継ぐモデルとして発売された。
エンジンは3.5リッターV6エンジンを採用。
FFレイアウトのフルサイズセダンというタイプの乗用車。
「300M」という名前は「300L」の次のモデルという意味。
欧州の高級車によくある長い車体の長さにより、室内の広さは圧巻。
その年の北米カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。
300/300Cは「300M」の後を継ぐモデルとしてダイムラー・クライスラー(クライスラー)の高級乗用車のラインナップである。
力強い特徴的な外観や高品質な部品構成、他と比べ低価格の理由から販売台数も伸び、実績も出していた。
2006年頃、ガソリン価格が高くなり、人気が衰えていった。
日本では3グレードのタイプのセダンと2グレードのタイプのワゴンがラインナップされた。
日本の「300C」の右ハンドル車と「300Cツーリング」については、オーストリア・グラーツで輸出されている。

クライスラー 300C
クライスラー 300Cツーリング
クライスラー 300M

外車、アメ車、ドイツ車の買取も対応

クライスラー300買取相場/売却・査定価格を知ろう

クライスラー 300 はアメリカの自動車ブランドクライスラーが2004年から製造販売している高級セダンで、クライスラー・300レターを現代風にアレンジして300の名前を復活させたモデルです。
初代が登場したときは、迫力のあるスタイリングと充実した装備、それでいながら格安な価格設定によって人気を呼び、クライスラーの業績を回復するのに一役買いました。
パワートレインはベーシックグレードに190馬力を発生する2.7LV型6気筒OHCエンジンが搭載され、ツーリンググレードには、250馬力を発生する3.5LV型6気筒OHCエンジンが搭載されました。
また、2011年にフルモデルチェンジが行われ、スマートなデザインに変更されました。ベーシックグレードにはサイズアップした292馬力を発生する3.6LV型6気筒DOHCエンジンが搭載され、動力性能が引き上げられています。

クライスラー 300の買取査定額の相場は、3年落ちのベーシックグレードで130万円前後と400万円以上する新車価格からすると、査定額の相場は高くありません。
そのためクライスラー 300を売る場合は、できるかぎり多くの買取店から査定してもい、少しでも高く買い取ってくれる業者に売るようにする必要があります。さもなければ、長く乗り続けるというのも手です。

このページの先頭へ