シボレー シルバラード 買取(下取り)査定

シルバラードを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

シボレー シルバラードの
かんたん無料査定はこちら




シボレー シルバラード 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。
外車、アメ車、欧州車の買取も対応

シボレー シルバラード買取相場/売却・査定価格を知ろう

シボレー シルバラードはアメリカの自動車メーカーであるゼネラルモーターズが、1999年よりシボレーブランドとして製造販売しているフルサイズのピックアップトラックです。
アメリカではフルサイズピックアップトラックが人気ですが、販売台数においてシボレー シルバラードは、フォード・Fシリーズに次ぐ第2位を誇る人気車種として知られています。

初代モデルはC/Kシリーズの後継モデルとして登場しました。プラットフォームはGMT800系が採用され、ボディデザインはC/Kシリーズのデザインを踏襲しつつも、丸みを持たせて現代風にしています。
パワートレインは4.3LV6エンジンから6.0LV8エンジンまで4種類のエンジンを用意していますが、2001年にはフォードに対抗するために、さらに大型化させたヘビーデューティーシリーズを追加したこともありました。
ヘビーデューティーシリーズでは、後輪が左右2輪ずつ備えたり、8.1Lの大型エンジンを搭載したものもありました。

2007年にフルモデルチェンジが行われましたが、デザインは丸みが取れて、C/K時代のような角張ったシャープなデザインに変更されています。
ライバル車と比べると燃費が良く、2007年の北米カー・オブ・ザ・イヤーのトラック部門を受賞しました。
また2008年8月には、フォード・Fシリーズを抜いて全米販売台数一位にも輝いています。
さらに2008年にはフルサイズピックアップトラックとしては世界初となるハイブリッドシステムを搭載したモデルを追加し、フルサイズピックアップとしては最も小燃費を誇っています。

シボレー シルバラードは日本国内にも輸入されています。
売る際には、買取査定相場をしっかり確かめてから、買取店との交渉に臨むと良いでしょう。
フルサイズピックアップトラックは道路が広いアメリカでは問題ありませんが、道路や駐車場が狭い日本国内ではいろいろと不便なこともありますので、需要も限られてしまいます。
需要が少ないと買取査定相場は下がってしまう傾向があります。

そのために、シボレー シルバラードのようなフルサイズピックアップトラックの輸入車を専門に扱っているような買取店を中心に査定してもらい、最高値を付けてくれたところに売るのが効果的でしょう。
もちろん、同時進行としてインターネットの一括査定サイトを利用すると、さらに高値買取となる可能性が広がります。粘り強く交渉を続けていくことも大切です。

このページの先頭へ