シボレー C/Kシリーズ 買取(下取り)査定

C/Kシリーズを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

シボレー C/Kシリーズの
かんたん無料査定はこちら




シボレー C/Kシリーズ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。


シボレー C/Kシリーズについて
シボレーC/K(Chevrolet C/K )はアメリカの自動車メーカー、ゼネラルモーターズの生産するフルサイズピックアップトラック。
シボレー C/Kシリーズは1960年に初登場し、フォード・Fシリーズと並ぶアメリカのピックアップトラックとして有名。
Cシリーズは後輪駆動のモデルでKシリーズは四輪駆動のモデルとなっている。
似ているモデルにGMC・C/Kシリーズもある。
1999年にシボレー・シルバラードが後を継いだ。
1960年の初代は丸い感じの外観が印象的。
直列6気筒、V型6気筒、V型8気筒の3種のエンジンを採用。
1967年の2代目は全長が大きくなり、エンジンもかわった。
1973年の3代目は10年を超える長期間販売された人気のモデルとなった。
ディーゼル車もつくられ、現在でもアメリカの町では活躍中の車である。
1988年の4台目は丸い外観から角張った外観にチェンジされた。
次期モデルの名前は、グレード名のシルバラードに変わった。

外車、アメ車、ドイツ車の買取も対応

シボレーC/Kシリーズ買取相場/売却・査定価格を知ろう

シボレー C/Kシリーズは、1960年から1999年までゼネラルモーターズのシボレーブランドから販売されていたフルサイズのピックアップトラックです。
フォード・Fシリーズと並んで、アメリカを代表するピックアップトラックと言って良いでしょう。
最終型となった4代目C/Kシリーズは、1988年から1999年まで販売されましたが、力強いフロントマスクで、日本でもファンが多いモデルです。搭載されるエンジンはベーシックグレードが4.3L V6エンジン、最も排気量の大きいモデルでは7.4L V8エンジンが搭載され、6.5L V8ディーゼルエンジン搭載モデルも設定されていました。
後継車はシルバラードで、現在も販売されています。

日本国内において、シボレー C/Kシリーズのようなフルサイズのピックアップトラックは趣味性が高いのと同時に、商用トラックとしても利用されています。
国内の道路事情を考えると、小回りが利かないのが難点ですが、豪快な乗り味を好むファンは少なくありません。
そのためC/Kシリーズを相場よりも高く売ることを期待するなら、アメリカンピックアップトラックを専門に扱っているような中古販売店などに売ると、相場より高い査定額が出る可能性が高いです。
もちろん、一括買取査定サイトを利用しても良いでしょう。少なくとも、直接一般の買取業者に持ち込むよりは高く売れる可能性が高いです。

このページの先頭へ