スズキ カプチーノ 買取(下取り)査定

カプチーノを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

スズキ カプチーノの
かんたん無料査定はこちら




スズキ カプチーノ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにスズキ カプチーノの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なりますので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


スズキ カプチーノについて
カプチーノ(Cappuccino)は、以前スズキが取り扱いしていた軽自動車。
文字通り名前はコーヒーのカプチーノから使用している。
フロントエンジン・リアドライブ(FR)を使用した軽自動車で、スポーツ性能を重視して開発されたスズキのフラッグシップモデルとなっている。
最初の日産フェアレディZのようなロングノーズ・ショートデッキのスポーツカースタイルとなっており、ルーフは取ってトランクにしまえるので、フルオープン、タルガトップ、Tトップの3つのタイプを選ぶことが可能であった。
エンジンは縦置きで左右のスペースを活用して、軽自動車ではじめて4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションを使った。
車体剛性を考慮して、プロペラシャフトを貫くセンタートンネルと、広い断面積のあるサイドシルを使い、車内容積を「狭い車」と評価した自動車雑誌も存在した。
ボディーやルーフの場所にアルミニウムをつかい、日本で一番軽い14inアルミホイールを装備して軽量化も考えられた車となっている。
1998年カプチーノの生産が終わった。

カプチーノ買取相場/売却・査定価格を知ろう

スズキカプチーノはスズキが1991年から1998年まで製造販売していた軽規格のオープンスポーツカーです。
エンジンは死高出力が64PS/6,500rpmを発生する660cc 直列3気筒 DOHCターボエンジンを搭載し、駆動方式はFR方式が採用されました。

また、サスペンションはスポーツカーや高級車に採用されることが多い、前後共ダブルウィッシュボーン式サスペンションで、安定性の高いスポーツ走行を楽しむことができました。
カプチーノのプロポーションは、典型的なスポーツカーのデザインであるロングノーズ、ショートデッキですが、丸みを帯びたキュートなデザインは楽しい雰囲気があり、カプチーノというコーヒーにちなんだ車名にぴったりでした。

カプチーノの買取査定相場は、15年以上前の車とは思えないプレミア価格となっており、最低でも10万円以上は狙えます。
50万円という買取査定額を付ける業者もいますので、高く売る場合は1社でも多くの業者を丹念に競合させていくことが重要です。
買取相場は25万円前後ですが、黙っていると年式が古いからということで10万円以下の査定額をつけてくる業者もあります。しかし、交渉を粘れば買取価格は大幅にアップして、満足のいく価格で売ることができることでしょう。

このページの先頭へ