スズキ ジムニー 買取(下取り)査定

ジムニーを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

スズキ ジムニーの
かんたん無料査定はこちら




スズキ ジムニー 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにスズキ ジムニーの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なりますが、60万円~160万円前後の開きがあるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


スズキ ジムニーについて
ジムニー(Jimny )は、スズキが取り扱う軽自動車のオフロード四輪駆動車。
ジープから続いている四輪駆動車でつくられた、小さい軽量のパートタイム4WD車。
初代ジムニーは1970年に登場した。
維持費がそんなにかからない軽自動車のカテゴリーで、大型の四輪駆動車と同様の実用性のある車のため軽自動車市場から高い評価を受けた。、
1972年に発表されたジムニーLJ20-1型は、エンジンを空冷から水冷に変わった。
高い耐候性と安全性をもつバンモデルの LJ20V が加わり、雪国や寒冷地において人気を集めた。
1973年に登場したジムニーLJ20-2型は、車幅灯と方向指示器が分けられ、リアターンシグナルランプの色が赤からオレンジに変更された。
1976年に登場したジムニーSJ10-1型は、、排気量を550ccクラスになり、ジムニー55(ゴーゴー)の名前で親しまれた。
ジムニーSJ10-2型、SJ10-3型、SJ10-4型、SJ20 ジムニー8へと続いていく。
1981年ジムニーはフルモデルチェンジされ、より快適に操作しやすい車として発展した。
ジムニーSJ30-1型、SJ30-2型、SJ30-3型、SJ30-4型、SJ30-5型と続く。
SJ40 ジムニー1000、JA71、JA51 ジムニー1300など。

ジムニー買取相場/売却・査定価格を知ろう

スキーをはじめとした、悪路走行を伴うレジャーに出掛ける際に便利なオフロード車ですが、その中でも根強いファンが多いのがジムニーです。
軽自動車のモデルもある為、安くオフロード車を買いたいという人にも人気で、中古車市場でもニーズの高い車種となっています。
人気の車種というものは、当然ながら高く売却できるチャンスも多い為、手放す際にはしっかりと査定を受け、優良な買取業者を選ぶ必要がありますが、その際に便利なのが一括査定ができるサイトです。

現在、車を買取業者に売る際には、まずインターネットで査定を受けるという人が増えていますが、その中でも複数業者の査定が一括でできるサイトは、全体の相場の把握がしやすいことがメリットとなっています。
中古車買取というものは、どこの業者に売るか次第で金額が大きく変わることも珍しくなく、場合によっては数十万円もの差が出るケースもあります。
全体の相場が分からなければ、買取業者に提示された金額が適正なのか判断ができませんが、一括査定を利用すればそういった心配はありません。
機能性の高い四輪駆動車であるジムニーは、行楽シーズン前には特に高値で取引される傾向があります。
一括査定で相場をチェックし、高値で売るチャンスを逃さないようにしましょう。

このページの先頭へ