スズキ スイフト 買取(下取り)査定

スイフトを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

スズキ スイフトの
かんたん無料査定はこちら




スズキ スイフト 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにスズキ スイフトの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なりますが、30万円~158万円前後の開きがあるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


スズキ スイフトについて
スイフト(SWIFT)は、スズキの小型ハッチバック。
車の「走る・曲がる・止まる」を忠実に開発され、日本含めて世界でも高い評価を受けている。
2000年に初代スイフトHT51Sが登場した。
SE、SG、SXのグレードで4速ATのみのラインアップとなった。
後に新グレード「SE-Z」は82.3万円のお買い得価格に設定されて発売。
スポーツテイストな新グレード「21世紀記念スペシャル SGエアロII」が追加される。
2004年に2代目スイフトZC11S・ZD11S、ZC21S・ZD21S、ZC71Sなど登場した。
フルモデルチェンジして、走行性能が大きく改善された。
2010年にスイフトを基本にした電気自動車「スイフト・レンジエクステンダー」が発表された。
2010年、3代目スイフトZC72S・ZD72Sが登場した。
プラットフォームを軽くて高剛性のある新しいプラットフォームに変わった。
結果として以前より燃費も良くなった。
特別仕様車「STYLE」・「STYLE-DJE」が販売された。

スイフト買取相場/売却・査定価格を知ろう

スイフトはカルタスの後継車両として2000年に登場して以来現行車両で3代目となります。
初代はカルタスのイメージを引きずったような印象を受ける形でしたが2代目からは馴染みあるスイフトに形状を変更してきました。

軽自動車のイメージしかないユーザーにはどうしてもスズキの普通車と言うだけで他社メーカーの対抗車種の方に目が言ってしまうのが現状です。
スイフトはATとMTが全グレードで選べる希少な車である事から買取査定の相場でも年式によっては高値で取引されているケースもあり、売る事を前提に査定してみるの良いかもしれません。
スイフトの場合はどうしても知名度が他車種より低い事もあり、年式、走行距離で買取価格に開きが大きくなる事も考えて売る時を判断しなくてはなりません。

現状スイフトの買取査定相場は平均で80万前後での価格になっていますが、年式が2000年代で走行距離が10万キロ以上の場合は買取は5万円前後まで下がってしまいます。
年式が2014~15年の場合では最高で120万円台の査定をつけている車も存在しています。
グレードで多少は査定価格に差は生じますが、グレード比較より年式と走行距離での査定の方が大きく影響を価格に及ぼしているのも否めません。
スイフトを売る場合は年式を走行距離に注目した方が現状では最善だと考えられます。

このページの先頭へ