スズキ セルボ 買取(下取り)査定

セルボを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

スズキ セルボの
かんたん無料査定はこちら




スズキ セルボ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにスズキ セルボの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なりますが、11万円~72万円前後の開きがあるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


スズキ セルボについて
セルボ (CERVO) は、スズキが以前取り扱いしていた軽自動車。
1977年に初代 SS20型550ccが新軽規格車になり登場した。
このセルボは女性受けするようなパーソナルクーペとして開発された。
グレードはCX-G、CX-L、CXの3グレードが設定された。
2代目SS40型は、より女性に絞ったタイプになり、2速オートマチック車も販売された。
3代目CG72V/CH72V型は4ナンバーの軽ボンネットバンだけがラインアップされた。
4代目CN21S/22S/31S/32S型では標準的な2BOX軽セダンとなった。
今までのクーペボディーから、軽自動車の規格がかわると同時に、660ccになったエンジンとハッチバックボディを構成する「セルボモード」へ変わった。
5代目HG21S型で8年を経て、「セルボ」の車名が戻ることになった。
Gリミテッド、Gリミテッドリア、T、Tリア、TX、TXリア、G、Gリア、「G」をもとに特別仕様車「Gリミテッド」などが販売された。
2009年セルボの生産がおわった。

セルボ買取相場/売却・査定価格を知ろう

セルボはかつてスズキが1977年から2009年まで製造販売していた軽自動車で、フロンテクーペの後継車として登場しました。
フロンテクーペ同様に、セルボはパーソナル・ユーズをコンセプトとして、軽規格の小さなサイズの中で、2ドアスペシャルティカーとして仕上げているのが特徴です。
デザインもフロンテクーペ同様に、ジョルジェット・ジウジアーロが手掛けており、非常に強烈かつ個性的なデザインとなっています。さらにポルシェのように、水冷2ストローク直列3気筒539ccエンジンを後部に搭載し、後輪を駆動させるRR方式を採用しました。
ただ、2代目以降は駆動方式はFF及び4WDに変更され、デザインも2ドアクーペから3ドアハッチバック、やがて5ドアハッチバックに変更されていきます。

セルボ買取査定額の相場は非常に高く、5年以上経過していても50万円以上をキープしています。
このような相場が高値で安定しているのは軽自動車ならではなり、かつ個性的なセルボならではです。
セルボを売る場合は、年式が2010年までであれば、50万円以上の査定額を狙い、2008年式でも30万円以上の査定額を狙うことができるでしょう。
買取価格がそれ以下の場合は、別の買取業者に売ることをおすすめします。

このページの先頭へ