スズキ パレット 買取(下取り)査定

パレットを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

スズキ パレットの
かんたん無料査定はこちら




スズキ パレット 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにスズキ パレットの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なりますが、32万円~130万円前後の開きがあるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


スズキ パレットについて
パレット(PALETTE)は、スズキが以前生産していた軽トールワゴン(軽スーパーハイトワゴン)。
トール型ワゴンの新しいジャンルで実績を収めようと、ダイハツ・タントに対抗してスズキがパレットを開発した。
初代パレットMK21S型は、すべてエンジンをK6A型を使っていて、40kW(54ps)/6,500rpmの自然吸気VVTエンジンと44kW(60ps)/6,000rpmのMターボの2つのタイプで分けている。
フロントスタビライザーとロール抑制と乗りやすさを大切に考えた特殊なリアサスペンションが足回りを構成している。
リーズナブルなグレード「G」を以外でサイドエアバッグが基本採用され、「T」「TS」は両側に、「X」「XS」には助手席側に電動スライドドアがついて、一番上のグレードの「TS」には軽自動車で最初のサイドカーテンエアバッグやハイグレードサウンドシステムなどが搭載されている。
スズキ車では初めてキーレスプッシュスタートシステム、オートライトシステム、フルオートエアコンがほとんどのグレードで付けられている。
「G」「SW GS」以外の車に市販されている自動車では世界で初めて副変速機構付CVTがつけられた。
パレット特別仕様車「リミテッド」「SW リミテッド」「リミテッドII」「SW リミテッドII」
2013年パレットの生産が終わり、「MK」はスペーシアへ。

パレット買取相場/売却・査定価格を知ろう

スズキ パレットを日頃から愛車として利用をされているオーナーさんで処分を検討されている場合、まずは一括で査定をしてもらうことをおすすめします。

なぜかというと、買取り金額を一括で査定してもらうことで、素早く相場が判明しますから非常に時間を有効に節約できるのです。
なかなかインターネットを使って自分のパレットがどのぐらいの値段かどうかを探すのは骨の折れる作業ですから、それならば一括査定サイトで楽々買取り金額が判明した方がお得といえるでしょう。
とくに、カーライフにおいて車を売る、ということは、人生の中でも大きな一大事ですから、適切に対処することが求められます。
せっかく愛着を持って乗ってきたパレットが相場よりも安く買取りをされてしまったら、売る時も納得できない、というケースもあります。
ですから、そういった事態を避けるためには、普段パレットのことをよく理解しているオーナーさんが賢く行動をすることが大切なのです。

少しでも高い金額で売ることができれば、それを元に新しい車を購入する足しにしたり、別の使いみちに使用したりすることができます。
買取りしてもらった金額をどう使うかはあなた次第ですから、まずは一括査定してみましょう。

このページの先頭へ