スバル ヴィヴィオ 買取(下取り)査定

ヴィヴィオを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

スバル ヴィヴィオの
かんたん無料査定はこちら




スバル ヴィヴィオ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにスバル ヴィヴィオの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


スバル ヴィヴィオについて
ヴィヴィオ(VIVIO)は以前スバルの富士重工業が取り扱いしていたハッチバックタイプの軽自動車。
1992年、ヴィヴィオKK/KW/KY系がレックスの後を継ぎ登場した。
SIMPLE RICH(シンプルリッチ)という言葉のプロモーションの元、販売された。
車の名前は英語の鮮やかなという意味のVIVIDからつくられた造語である。
「RX-RA」「GX-R」「GX-T」「ビストロ」「RX-SS」「GX-SS」が後に加わる。
たくさんのグレードと「ビストロ」や「Tトップ」など派生したタイプの車があり、他にもモータースポーツへ参加している。
ボディタイプは3ドアハッチバックと5ドアハッチバックの2つのタイプがあり、5ナンバーの乗用車の3ドア/5ドアのセダンと、4ナンバーの商用車の3ドアバンがあった。
ヴィヴィオは1990年の軽自動車規格改正に伴い、スバルで初めてシャシが新しく開発され、優れた走行安定性を目標に低い重心仕様となっている。
1998年に生産が終わり、ヴィヴィオのプラットフォームを一部良くしたプレオが後を継いでいる。

ヴィヴィオ買取相場/売却・査定価格を知ろう

ヴィヴィオは少し古めの車ではありますが、その動力性能に関しては現代の軽自動車にも全く引けを取るものではなく、グレードによっては今なおハイレベルの性能を持った車になっています。
そのため、古い車にもかかわらずヴィヴィオは人気の高い車種となっているため、中古買取に出す際にもある程度の値段を期待することができます。
ヴィヴィオを手放すことを考えている時には、古いから値段がつかないと思うのではなく事前にどのぐらいの相場で取引をされていて、どのぐらいの金額で売ることができそうかということをチェックしておくと良いでしょう。

相場を調べておけば実際に査定を受けて売るときにも参考となる金額があるだけに、交渉をしやすく高価買取をしてもらいやすくなります。
特に最近では簡単に相場価格を調べることができるようになったので、査定を受ける前には情報収集をして万全の状態で査定に挑むようにすると良いでしょう。
一通り情報を集めた後は一括査定などをすることによって、より正確な車の価値を知ることができできるかぎり車を高く売ることができます。
古くて値がつかないと思っていた車であっても、予想外に高値で売れることもあるので事前に相場を調べておくと便利です。

このページの先頭へ