スバル 360 買取(下取り)査定

360を売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

スバル 360の
かんたん無料査定はこちら




スバル 360 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにスバル 360の買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なりますが、20万円~62万円の開きがあるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


スバル 360について
スバル360(Subaru 360 )は、富士重工業が開発した軽自動車。
航空機でも採用されている手法を取り入れ、軽量化に成功。
そして軽自動車でありながら大人4人の乗車を実現した。
スバル 360の価格もリーズナブルで利便性も評価され、1960年に多くのユーザーから人気となった。
スバル360は戦後の日本史上「名車」として認識される自動車である。
「てんとう虫」のような軽いデザインで幅広いユーザーから愛された。
生産が終わった後も人気が根強く続いている。
スバル360の室内は、簡素なつくりで無駄がなくコストをかけずに軽量化された車内。
シート座席も軽量で簡単なつくり。
排気量356ccの強制空冷2サイクル2気筒エンジン。
駆動方式は後輪駆動。
車両重量385kg。
スバル360は操縦安定性や乗り心地は申し分なく、世界で通用するミニカーと賞賛されている。
スバル360 1958年型は385台販売され、実用性がさらに評価され1961年度型は17000台販売されるに至る。
1967年に本田技研工業から高性能・低価格なホンダ・N360が登場し販売縮小化され、1970年生産中止となる。

スバル360買取相場/売却・査定価格を知ろう

スバル 360は1958年から1970年までスバルから生産されていた軽自動車で、40万台近い売り上げをあげ、今でも大勢のファンがいます。その愛くるしいスタイルから「てんとう虫」の愛称で親しまれ、昭和のノスタルジックな雰囲気を味わわせてくれる名車の一台として数えあげられることが多いクルマです。
当時、まだ高嶺の花だった自動車を、庶民の手の届く価格で販売し、マイカーという言葉を誕生させたクルマと言っても良いでしょう。

駆動方式は現代自動車では珍しい後部にエンジンを搭載し、後輪を駆動させるRR方式が採用されており、搭載されているエンジンは、356cc強制空冷2ストローク直列2気筒自然吸気エンジンで、最大出力16ps、最大トルク3.0kg・mを発生しました。サスペンションは前後トレーリングアーム式が採用されました。

スバル 360 を売る場合は、旧車を扱っている専門店に売るのが良いでしょう。スバル 360 の相場は、クルマの状態によって大きく左右されますが、きれいに乗り継いでいるなら、高額買取が期待できます。
もちろん、一括買取査定サイトで複数の買取店から査定してもらうのも良い方法です。複数を競合させることによって、相場よりも高値で売ることができることが多くなります。

このページの先頭へ