ダイハツ オプティ 買取(下取り)査定

オプティを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

ダイハツ オプティの
かんたん無料査定はこちら




ダイハツ オプティ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにダイハツ オプティの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


ダイハツ オプティについて
オプティ(Opti)は、ダイハツ工業で以前取り扱いしていた軽自動車。
ミラの上位モデルで登場して、他には無いタイプの車で、初代モデルは若年層の女性に人気で、2代目モデルのエアロダウンビークスの5速MTモデルは若年層の男性に人気となっていた。
初代オプティが3ドアと5ドアのハッチバックセダンタイプで、2代目は単独したトランクルームのある4ドアハードトップセダンだけがラインナップされている。
初代 L300S/310S型、L300S・FF、L310S・4WDは「超・ラブリー」がキャッチフレーズとなり、丸い感じかわいらしい外観で、多くの女性から支持された。
錆びや静かさ対策などが研究され開発されたため、初登場した頃の軽自動車の中では品質の良いパーソナルカーであった。
前期型5ドア、パルコ(リア)、クラシック パルコ、クラシック(リア)など販売された。
2代目オプティはL800S/802S/810S型、L800S・FF、L802S・エアロダウンビークスFF、L810S・4WDは、長くないリアデッキに単独のトランクルームがあり、セミノッチバックの4ドアピラードハードトップとなった。
「CL」「ビークス」「エアロダウンビークス」などの種類がある。
特別仕様車「クラシックSエディション」「クラシックメモリアルエディション」などが販売された。
2002年ムーヴを軸に軽トールワゴンに集中するため販売台数の減少も理由に、オプティの生産が終了となる。
その後、全部ミラに合わせた。

オプティ買取相場/売却・査定価格を知ろう

オプティは1992年から2002年までダイハツ工業が製造販売していた軽自動車です。
1台目は女性をターゲットにして丸みの帯びたかわいいスタイルで登場しました。コンセプトは「超・ラブリー」。静粛性も高く、高級感のある内外装は1クラス上の軽自動車を目指して作られました。
2代目は軽自動車初のセミノッチバック4ドアハードトップとして登場し、レトロ風デザインで人気のクラシックシリーズは初代につづき2代目でも追加されました。

オプティの買取査定相場は最も新しい年式でも13年が経過しているにも関わらず、10万円以上を維持しています。ただ、オプティの中古車の台数が少なくなっているため、相場も正確とは言えず、買取査定額は業者によってかなりばらつきがあるようです。
しかし、今見ても新鮮でキュートなスタイルかつ高品質に作られたオプティですので、買取価格がつかず、売ることができないということはまずありません。高く売る場合は、やはり中古車高額買取の王道である、複数の買取業者を競合させるテクニックを駆使したいものです。

複数の買取業者を競合させることによって必然的に買取競争がおき、1社だけからしか査定しない場合と比べると、高値がつきやすくなります。

このページの先頭へ