ダイハツ リーザ 買取(下取り)査定

リーザを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

ダイハツ リーザの
かんたん無料査定はこちら




ダイハツ リーザ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにダイハツ リーザの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


ダイハツ リーザについて
リーザ(Leeza)はダイハツ工業が以前、取り扱いしていた軽自動車。
リーザは「エアロへミサイクル」というプロモーションでL100S、L100Vが発売され、ボディは3ドアのハッチバックの車となっている。
後にオープンカーのスパイダーも加わっている。
ボディを2シーターのクーペスタイルにして、セルボと同様に若年層の女性を狙った広告宣伝活動をしていた。
「脱・実用車」が特徴になっており、、室内の空間は前席に余裕のある空間配置となっているが、軽ボンネットバンの基本的なスペースをとる目的で、リアシートはできるだけ狭くしているが、ドライバーのアイポイントがフロントエンドから遠くなると、前の足元のスペースや運転席の位置はシャレードに近くなっている。
軽自動車で初めて内装が全フルトリム仕様となっており、クオリティーを向上させている。
最初はセダン(クーペ)とバン(4ナンバー)の2種類のモデルをラインナップして、セダンは後ろの席にリクライニングできる機能をつけていた。
バンはターボをつけたり注力されていたが、一方セダンは改善したときに一時なくなり、後に特別仕様車で戻ることになる。
特別仕様車ケンドーン、クラブスポーツなど販売された。
1993年リーザの販売が終わる。

リーザ買取相場/売却・査定価格を知ろう

ダイハツリーザはダイハツ工業が1986年から1993年まで製造販売していた軽自動車で、軽規格のスペシャリティカーとして成功をおさめたスズキセルボに対抗するべく作られたクルマです。
そのため、セルボ同様に3ドアハッチバッククーペスタイルを採用し、エンジンもノーマルエンジンの他に直列3気筒ターボエンジンが搭載されました。
さらに、後にオープンカーのスパイダーまでも追加されます。リーザのベースになったクルマはミラで、車高を80mm低め、ホイールベースを120mmも短縮し、スタイル優先で、実用性はあえて割り切って作られました。

リーザの買取査定相場は、さすがに20年以上が経過しているために、データが少なく、相場が確定できません。
ただ、20万円近くで売ることができたという報告もあるので、廃車にしようかと迷っている方は、諦めないで買取業者に査定してもらうことをおすすめします。

気おくれを感じる場合は、気軽に査定できる一括査定サイトを利用してみると良いでしょう。
家にいながら、いつでも好きなときに、買取業者から一括査定をしてもらうことができます。
手続きも簡単な質問に答えるだけです。見積もりを見て、買ってくれる業者があれば、その業者に売ると良いでしょう。

このページの先頭へ