ダッジ キャラバン 買取(下取り)査定

キャラバンを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

ダッジ キャラバンの
かんたん無料査定はこちら




ダッジ キャラバン 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。
外車、アメ車、欧州車の買取も対応

ダッジ キャラバン買取相場/売却・査定価格を知ろう

ダッジ キャラバンはアメリカの自動車メーカーのクライスラーの1ブランドであるダッジ1983年からミニバンタイプの乗用車です。
本国アメリカでは、ダッジ キャラバンはミニバンのパイオニアとして知られており、販売台数でも他社を大きく引き離すほど人気があります。

初代モデルは1983年から1990年まで製造販売されました。
FFレイアウトによって低床設計を可能とし、これによってフルサイズのバンよりもコンパクトサイズでありながらも同等の室内空間を確保することができました。
また、スライドドアが採用されたことにより昇降性が良く、シートを自由にレイアウトができることによる機能性の高さが人気となりました。1987年には全長を延長したグランドキャラバンが追加されました。

1990年に2代目にフルモデルチェンジし、FFの他、4WDも追加され、またABSやエアバッグなどの安全装置が装備されました。
1995年に登場した3代目では、簡単にシートレイアウトができるイージーローラーシートが画期的で、1997年には日本にも輸入されるようになりました。
ただ車名はダッジ キャラバンではなく、クライスラー・ボイジャーでした。さらに4代目は2001年にフルモデルチェンジし、パワースライドドアやパワーハッチバックなどが採用され、2列目と3列目のシートは床下に収納することができました。

現行型の5代目は2008年に登場しますが、本モデルからボディタイプがロングモデルのみになり、ショートタイプはダッジ・ジャーニーがそのポジションを継ぐことになりました。
ただ、ロングが燃費が悪く、ガソリン代の高騰が重なって、販売台数は苦戦しています。
日本国内においては20011年4月をもって販売が終了されます。
また、フォルクスワーゲンのルータンはOEM供給されたもので、2012年まで販売されました。

ダッジ キャラバンはアメリカンタイプのミニバンが好きな人に人気があります。
しかし、国産車のミニバンのほうが人気があるので、買取店に売るときは、アメ車を多く扱っているような買取店に持ち込むのが相場よりも高い査定額を引き出すコツです。
アメ車は好きな人と興味がない人に大きく分かれやすいという特徴があります。
そのため査定相場は低くなってしまう傾向があります。
どこの買取店でも買取価格は同じと考えるのではなく、アメ車を専門に扱っているような中古車店に売るほうが、高値が期待できます。
同時に一括査定サイトも利用して比較してみると良いでしょう。

このページの先頭へ