トヨタ カローラ 買取(下取り)査定

カローラを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

トヨタ カローラの
かんたん無料査定はこちら




トヨタ カローラ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにトヨタ カローラの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なりますが、4万円~43万円前後の開きがあるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


トヨタ カローラについて
カローラ(COROLLA)は、トヨタ自動車が製造・販売する乗用車。
1966年、初代カローラ E1#型が登場した。
乗る楽しさとしてスポーティ性を求めて開発された。
2代目 E2#型が登場して、「1400SL」「1400SR」が加わり、フロントグリルやリアコンビランプの形がかわるなどマイナーチェンジが行われた。
クーペにレビンJ、1600SR、1600SL(TE27型)、セダンに1600SL(TE21型)が新しく増えた。
3代目カローラ E3#/5#型、4代目 E7#型、5代目 E8#型、6代目 E9#型、7代目 E10#型と経て、8代目カローラ E11#型は1995年に登場した。
9代目 E12#/13#型は国内用の無印カローラで、全国同じプラットフォームを使用するのはここで最後となる。
ステーションワゴンのカローラフィールダー、特別仕様車「1.3 Xリミテッド/1.5 X リミテッド」「1.5 G リミテッド」が発売された。
1.3/1.5 X アシスタパッケージ、1.5 G、1.8 LUXEL(ラグゼール)、1.8 LUXEL プレミアム・エディションなどのグレードがラインナップされた。
10代目 E14#/15#型から日本国内向けセダンはカローラ アクシオ(COROLLA Axio)というサブネームが加えられる。
11代目 E16#/17#型は、優れた低燃費性能と走行性能を兼ね備えた車となる。

カローラ買取相場/売却・査定価格を知ろう

カローラという車は今も昔も最もスタンダードな車種のひとつであり、あらゆる方面から需要の高い車となっています。
道具として非常に優れた車であるため、売るときにも一定の値段を期待することができる車でもあります。
そこで、カローラを買取に出すときには事前に相場を知ることが重要であり、相場を知っているかいないかで査定額も大きく変わってくることがあるだけに、買取に出す前にはまず相場をチェックしてから実際に査定を受けることが重要です。

最近ではどのぐらいの金額で取引されているのかということを、インターネットで簡単に情報収集することができるようになったため、まずはそのようなところからいくらぐらいの値段で売ることができるのかチェックをしてみるとよいでしょう。

簡単な相場を調べた後には実際に査定をしてみなければ、その車がいくらぐらいになるのかというは正確にわかりませんから、実際に査定を受けることになるのですが、その際に一括査定などを利用して複数の業者から査定を受ければよりその車に見合った金額で買取をしてもらうことができます。
カローラは決して高い車ではありませんが、その実用性の高さから一定数の需要もあるので、少しで高く売ることができるようにいろいろな業者をあたってみると良いでしょう。

このページの先頭へ