トヨタ マークII 買取(下取り)査定

マークIIを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

トヨタ マークIIの
かんたん無料査定はこちら




トヨタ マークII 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにトヨタ マークIIの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なりますが、1万円~71万円前後の開きがあるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


トヨタ マークIIについて
マークII(MARK II/ツー)は、トヨタ自動車が以前、取り扱いしていた高級乗用車。
1968年に、クラウンとコロナに近いモデルとして初登場した。
初代 T60/70型、2代目 X10/20型、3代目 X30/40型、4代目 X60型と経て、5代目 X70型から「トヨタ・マークII」という名前になった。
ボディはセダンとワゴン)、ハードトップが設定されている。
1990年には上位グレードにLGグランデエディションが加わっている。
1997年にワゴン・バンの販売が終わり、ワゴンはマークIIクオリスにモデルチェンジして、バンはカルディナバンへ合わせた。
6代目 X80型ハードトップから、ガソリンエンジン搭載車が全部DOHC化されている。
7代目 X90型はフルモデルチェンジして、日本国内専用の車種となり、3ナンバーボディになった。
8代目 X100型では、不況の影響でX90系のフロアパネルを使用して、開発費用がかからないようにつくられた。
9代目 X110型は、4ドアハードトップから、クラウンと同じシャシとなる4ドアセダンへ変わった。
グレードの名前にグランデが付き、旧グランデ系は、ターボ搭載の「2.5グランデG-tb」「2.5グランデG」「2.5グランデ」「2.0グランデ」などがラインナップされた。
マークIIクオリス、マークIIブリット、マークIIワゴン、マークIIバンや、特別仕様車「レガリア」「35thアニバーサリー」「リミテッド」が販売された。

マークII買取相場/売却・査定価格を知ろう

トヨタのかつての人気車種にはマークIIという有名な自動車があります。
基本は4枚ドアのセダンタイプとして発表されていて、1968年から2004年まで販売されてきた実績を持っています。特に5代目6代目などは当時は高い人気を誇っていたこともあり、販売台数もかなり多いものを記録しています。
ツインターボを搭載したモデルも存在していましたが、最終モデルに関しては排気量が2.5リッターをメインに3.0リッターの仕様も注目されました。
エンジンは直6仕様とされており、高級セダンとして海外でも一定の需要があり、輸出台数が増加していた時期もありました。マークIIを所有している方が売ることを希望しているならば、査定額の相場が気になることになります。
モデルによって買取り額が大きく変わることになり、一例としては平均買取り額で約13万5千円、最高額で約25万円程度が基本的な査定の相場になります。

所有しているモデルや走行距離、車体の見た目などによっても異なるので、売ることを決めた際には査定額を高めるための方法を知ることも大切です。ウェブ上では一括見積りを利用できるサイトがあり、必須項目を入力する方法で大まかな査定額の相場を把握できます。
複数の買取り業者からの最高額が分かるので、便利に使えるサイトになります。

このページの先頭へ