ヒュンダイ エラントラ 買取(下取り)査定

エラントラを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

ヒュンダイ エラントラの
かんたん無料査定はこちら




ヒュンダイ エラントラ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。
外車、アメ車、欧州車の買取も対応

ヒュンダイ エラントラ買取相場/売却・査定価格を知ろう

ヒュンダイ エラントラは、韓国の自動車メーカーであるヒュンダイが1990年から製造販売している小型乗用車です。初代モデルは韓国国内で100万台を販売するベストセラーカーとなっています。
1995年にフルモデルチェンジが行われ、韓国国内ではアバンテという名称がつけられました。
2代目では韓国初となる希少燃焼エンジンであるリーンバーンエンジンが搭載されました。
2000年に3代目にフルモデルチェンジが行われ、2001年からは日本国内にも輸入されました。
当初はハッチバックも販売されていましたが、2003年からはセダンのみの輸入となっています。
エンジンは1800cc及び2000ccのβシリーズの直4DOHCエンジンが搭載され、価格の安さからタクシーなどに使われたりしました。
しかし、販売不振から2008年4月7日に販売中止が決定されました。

2006年に4代目にフルモデルチェンジが行われましたが、最大の注目点は2009年に韓国初となるハイブリッドカーが追加されたことです。
1600ccLPiエンジンとモーターとのハイブリッドで、バッテリーはリチウムイオンポリマー二次電池が使われました。
さらにトランスミッションは燃費が良いCVTが組み合わされて、燃費はで38-39km/lと試算されています。2010年に5代目にフルモデルチェンジが行われましたが、エクステリアデザインが大きく変更されました。流体の彫刻と呼ばれるフロントからリアまで一連の流れるようなスタイリングとなっており、日本車にはない、目を引く大胆なデザインでした。
さらに、クラスを超えた上級装備を備えつつ価格が抑えられたために、たちまち人気となりました。
2012年1月には北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。
搭載されたエンジンは1.6、1.8L、2.0Lの3種類のエンジンに、1.6Lのディーゼルエンジン、さらにハイブリッドカーと充実しています。
2015年には6代目にフルモデルチェンジされ、クラス最高値となるCd=0.27をマークする流麗なデザインとなっています。

ヒュンダイ エラントラは高額で売る場合は、日本国内での韓国車が不人気であることからかなり苦戦を強いられることが予想されます。
少しでも相場よりも高い査定を引き出して売るためには、複数の買取業者を競合させることがポイントになります。
買取業者同士を競合させることで、査定額を競い合わせることが可能となり、相場を上回る価格を引き出しやすくなります。

このページの先頭へ