フォード フェスティバ 買取(下取り)査定

フェスティバを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

フォード フェスティバの
かんたん無料査定はこちら




フォード フェスティバ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。
外車、アメ車、欧州車の買取も対応

フォード フェスティバ買取相場/売却・査定価格を知ろう

フォード フェスティバは1986年から2002年までアメリカの自動車メーカーであるフォードが販売した小型ハッチバックです。
開発及び製造したのはフォードではなく日本のマツダでしたので、実質上日本車と言っても良いようなクルマでした。
搭載されたエンジンは、最高出力52ps、最大トルク8.8kg・mを発生するB3型 1.3L 直4 SOHCエンジンと、最高出力64ps、最大トルク10.4kg・mを発生するB1型 1.1L 直4 SOHCエンジンで、これは後にマツダの大ヒット車であるファミリアや排気量を上げてロードスターなどにも搭載されました。
ヨーロピアン調のスタイルや、セミオープンの雰囲気を味わえるキャンバストップなどに人気が集まりした。
また、リアシートがスライドできたり、リクライニングできたり、さらには全席フルフラットになってベッドのようになるなど、従来のクルマにはなかった多彩で便利なシートアレンジメントが注目を集めました。

1993年にモデルチェンジされ、スタイルが丸みを帯びたクーペのようなスタイルに変更されました。マツダのDプラットフォームが採用され、搭載されたエンジンは、最高出力76ps、最大トルク10.2kg・mを発生する1.3L直列4気筒SOHCエンジンと、最高出力100ps、最大トルク12.1kg・mを発生する1.5Lエンジンで、先代よりもパワーアップしましたが、全体的な質感が低く、日本国内での販売は低調に終わりました。1996年には3代に移行しましたが、3代目はオリジナルではなく、マツダデミオのOEM供給車であったフェスティバ・ミニワゴンがフェスティバの車名を継承しました。
2002年にデミオはフルモデルチェンジしたことを機に販売が終了となります。

フォード フェスティバを売る際には、予め買取相場を知っておくと参考になるのでおすすめです。
その相場を基準にすれば、買取査定価格が適切かどうかがわかるからです。
また、買取相場を簡単に知るには、一括査定サイトで複数の買取業者から査定してもらうのが簡単で良いでしょう。
複数の業者から提示された見積もりの平均が相場と考えることができます。その価格を見て、売り時を判断することができます。
また、一括査定サイトを通して本気でフォード フェスティバを売る場合は、複数の買取業者に出張査定してもらいます。
そこで出された価格が正式なものになりますが、交渉しだいで価格がさらにアップしることも少なくありません。

このページの先頭へ