フォード Fシリーズ 買取(下取り)査定

F150などFシリーズを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

フォード Fシリーズの
かんたん無料査定はこちら




フォード Fシリーズ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。


フォード Fシリーズについて
Fシリーズ(F-Series)は、フォードが1948年から生産するフルサイズピックアップトラック型の乗用車。
Fの後に付く数字がサイズが大きくなるにつれて大きくなる。
Fシリーズとは基本的にF-150のことをいう。
メキシコではフォード・ロボ(Ford LOBO)という名で販売されている。
2010年にはフォード Fシリーズの生産累計台数は3000万台を超え、自動車部門やトラック部門で全米で販売台数一位の実績をもつ。
ピックアップトラックといえばフォード Fシリーズ、アメリカといえばフォード Fシリーズというくらい人気のある車。

フォード Fシリーズの初代はF-1、F-2、F-3、F-4、F-5、F-6、F-7、F-8の8種。
2代目はF-100、F-110、F-250、F-260、F-350、F-360、F-500、F-900に変わった。
3代目はF-100、F-250、F-350、F-500の4種。スタイルサイドが増えた。
6代目は現在でも活躍中のF-150、1975年モデル。
7代目のグレードはF-100、F-150、F-250、F-350、F-600、F-700、F-800など。ディーゼルエンジン採用の車が追加。

外車、アメ車、ドイツ車の買取も対応

Fシリーズ買取相場/売却・査定価格を知ろう

アメリカの自動車メーカーフォードが、1984年から製造販売しているFシリーズは、フルサイズのピックアップトラックです。
生産開始以来、累計生産台数は3400万台以上を誇り、特にアメリカでは全自動車部門で28年間も販売台数一位を記録するなど、アメリカを代表するクルマとなっています。
現行型は2008年から販売されている12代目のモデルになります。11代目とシャシーやパネルなど同じものを踏襲していますが、大型のフロントグリルで迫力のある外観に変わっています。エンジンはV型6気筒エンジンが廃止され、代わりにディーゼル車が追加されています。

フォード Fシリーズは日本国内ではほとんど見かけることがありませんが、その分希少価値があり、 売る場合は買取査定額が期待できます。
買取査定相場は、3年落ちで450万円~530万円前後、7年落ちでも300万円前後の相場となっています。
Fシリーズの中古車の特徴として、走行距離が少ないクルマが多いということをあげることができます。小回りを得意としないので、走行距離が短くなるのでしょう。
その結果として、クルマの状態は良いものが多いです。実際に売る際には、海外の大型SUVを扱っている中古車店などを中心に、複数から査定してもらうと良いでしょう。

このページの先頭へ