ホンダ Z(ゼット) 買取(下取り)査定

Z(ゼット)を売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

ホンダ Zの
かんたん無料査定はこちら




ホンダ Z(ゼット) 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ホンダ Z(ゼット)の買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


ホンダ Z(ゼット)について
Z(ゼット) は、本田技研工業が以前、取り扱いしていた軽自動車。
1970年、初代Z N360/SA型が登場した。
シングルキャブレターの「ACT」「PRO」、ツインキャブレターの「TS」「GT」のグレードがラインナップされていた。
ゴールデンシリーズが発売すると、シングルキャブレターの「ホリディ」「カスタム」「オートマチック」、ツインキャブレターの「GTL」のグレードが設定された。
マイナーチェンジが実施され、「TS」「GT」「GL」「GTL」がラインナップされた。
1998年、2代目Z PA1型がSUVタイプの4WD車として再登場した。
2重のヘッドライトのカバーが特徴的で、後付けなしのインパネで2DINオーディオスペースを構成している点も見逃せない。
バンパーがボディ同じカラーの特別仕様車「スーパーエモーション」が販売される。
2002年に排ガス対策をせず、Zの生産が終わることになった。
それに伴い、ホンダブランドの軽SUVの幕が下りる形となった。

Z(ゼット) 買取相場/売却・査定価格を知ろう

ホンダZ(ゼット)はホンダが2002年まで製造販売していた軽自動車です。
初代(Z360)が登場したのは、1970年9月2日のことでしたが、「NIII360」のスペシャルティカーという形で発表されました。軽規格の中で、クーペのようにデザインに拘って作られましたが、大人4人が乗ることのできる居住空間は確保されていました。搭載されたエンジンは、空冷 SOHC 2気筒 360ccエンジンでした。現代の軽自動車のエンジンが660ccですから、半分程度のコンパクトなエンジンでした。

2代目Z(ゼット)が登場したのは、初代が販売終了してから14年後の1998年で、SUVタイプの4WD車として登場しました。直列3気筒 SOHC 660ccエンジンが搭載され、トランスミッションは4速ATが採用されました。
SUVタイプの軽自動車としては、デザインが魅力的で注目されましたが、2ドアのみの設定だったことから、売上は今一つでした。中古車の買取相場は、人気の軽自動車のスペシャリティカーということで高額査定が飛び出すこともありますが、年式が古くなっているので、査定額が付かないこともあります。

Z(ゼット)を相場よりも高く売るコツは、一括査定サイトなどを利用して、多くの買取業者から査定してもらうことです。査定額を比較しながら最高額をつけてくれた業者に売ると良いでしょう。

このページの先頭へ