ポルシェ 356 買取(下取り)査定

356を売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

ポルシェ 356の
かんたん無料査定はこちら




ポルシェ 356 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。


ポルシェ 356について
ポルシェ356 (Porsche 356 、ポルシェさんごうろく) は、ドイツの自動車メーカーであるポルシェが1948年から生産スタートしたスポーツカー。
1931年に創業されて他のメーカーの開発や設計を請け負ってきたポルシェが今までにはないジャンルへの挑戦としてスポーツカーに着手してできたのが小型スポーツカーである。
「356」はポルシェ社内の開発コードの名前。
1948年に356.001モデルが誕生し「ポルシェNo.1」とも呼ばれ、ポルシェの名のはじめての車。
続いて356/2としてクローズドボディーのクーペとして生産された。
1949年には356プレA、
1950年にはポルシェ356/1100、
1951年にポルシェ356/1300、ポルシェ356/1500が追加され、
1952年にポルシェ356/1500スーパー、
1953年ポルシェ356/1300スーパー、
1956年ポルシェ356A/1500GSカレラDXなど

以降、他のモデル
ポルシェ356A/1500GSカレラGT
ポルシェ356A/1600
ポルシェ356B/1600スーパー90
ポルシェ356B/2000GS
ポルシェ356C/2000GSなど

外車、アメ車、ドイツ車の買取も対応

ポルシェ356買取相場/売却・査定価格を知ろう

ポルシェ356は、ドイツの高級スポーツカーメーカーであるポルシェが最初に作ったクルマであり、今でも名車として人気が高いクルマです。
戦後すぐの1948年より開発が開始され、戦後の小型スポーツカーにおけるベンチマークの一台となりました。
試作車が作られた後、1950年に市販車として第一号が完成します。
プレAという愛称で親しまれており、後の911の原型となっていきます。
駆動方式はエンジンを後部トランクに積み、後輪が駆動するRR方式で、40馬力を発生すsる1.0Lエンジンが搭載されました。
その後毎年改良が施され、1955年にタイプAが登場しまます。
丸みを帯びた美しいフォルムは最も356らしいデザインと言っても過言ではありません。
1959年にはタイプBが、1963年にはタイプcにモデルチェンジされ、16674台を製造販売[14]し1965年に生産終了しました。

ポルシェ356を売る場合の買取査定相場に関しては、700万円~800万円、中には相場以上のビンテージ価格となっています。
大変希少価値のあるクルマですので、ポルシェ356のことをよく理解している専門ショップに売ることが買取査定アップのポイントです。また、オークションにかけるという手もあります。

このページの先頭へ