マツダ ラピュタ 買取(下取り)査定

ラピュタを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

マツダ ラピュタの
かんたん無料査定はこちら




マツダ ラピュタ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにマツダ ラピュタの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なりますが、1万円~41万円前後の開きがあるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


マツダ ラピュタについて
ラピュタ(Laputa)は、スズキ・KeiのOEM供給を受けて、マツダが販売していた軽自動車。
軽自動車の規格がかわり1999年にラピュタが発売された。
スズキ・Keiのマツダ版で外観もKeiのバッジ位しか違う点がなかったが、セダンとSUVの中間という新しいタイプの軽自動車でプロモーション活動が行われた。
全高はセダンより高さがあり、大径タイヤが印象的な車となっている。
最低地上高が低くないため、路上環境が悪くても走れる性能を持っている。
立体駐車場に入れるセミトールスタイルで、視野も広く運転しやすい。
エンジンは直3DOHC-VVTとターボタイプ、直3SOHCターボの3つのタイプがあった。
ターボグレード(S-turbo,X-turbo)の基本となっているE-limitedは燃費も良くグリーン税制対象車となっていた。
2000年マイナーチェンジしたときには、五角形のマツダグリルがつけられている。
そしてこの頃から5ドア車だけになり、はじめの3ドアハッチバックボディはなくなっている。
2005年ラピュタの販売が終わった。

ラピュタ買取相場/売却・査定価格を知ろう

ラピュタは、マツダがスズキからOEM供給を受けて販売していた軽自動車で、スズキ・Keiと基本的に同じクルマになります。ラピュタの特徴は、セダンとSUVの間に位置するジャンルの軽自動車であることです。そのためにセダンより高めの全高によって見晴らしが良く、運転がしやすいメリットがあります。

また通常の軽自動車と比べると大きなタイヤを履いているので、最低地上高が高くなり、悪路の走破性も高いです。トールワゴンタイプの軽自動車は車高がミニバン並に高いクルマが多く、立体駐車場に駐車できないこともありますが、ラピュタの場合はそのような心配もほとんどありません。

ラピュタは1999年から2005年まで販売されていましたが、平成17年式のEリミテッドの買取査定相場は5万円前後です。Xターボの場合は高く、20万円前後の買取査定相場となっています。
10年以上年式が落ちているのに、これだけの高額で売ることができるのは、人気がある軽自動車ならではです。もちろん、実際に売る場合は、この相場よりも高値を目指したいところです。下取りだけでなく、買取業者からも査定してもらって、一番高く買い取ってくれる業者に売るのがコツです。
業者同士を効果的に競い合わせるようにすると良いでしょう。

このページの先頭へ