ルノー アルピーヌ 買取(下取り)査定

アルピーヌを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

ルノー アルピーヌの
かんたん無料査定はこちら




ルノー アルピーヌ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。
外車、アメ車、欧州車の買取も対応

ルノー アルピーヌ買取相場/売却・査定価格を知ろう

アルピーヌはフランスの自動車メーカー、1956年にレーシングドライバーであり、またルノーのディーラーも経営していたジャン・レデレが設立しました。
アルピーヌでは、主にルノー車をチューンナップしたり、レースバージョンを手がけたたりしました。たとえば、ルノー4CVをベースにしながらFRPボディをのせてA106を作り上げたり、ドフィーヌをベースとしてA108、さらに、今でも名車として名高いR8をベースとしたA110を作り上げ、モータースポーツで大活躍しています。

1973年に株式がルノーに譲渡されたことにより、ルノーの子会社となります。ルノー アルピーヌとなってからも、引き続き、A110やA310を製造していきます。
レースで大活躍し、個性的なスタイルでも知られるA110の特徴は、バックボーンシャシーとFRP製ボディを組み合わせたことにより驚異的な軽量化に成功し、1600Sでわずか730kg、最終バージョンのSXで850kg程度となっています。またRRの駆動方式を採用したことによって大きなトラクションを得たことも強さの秘密でした。
1973年には初代WRCのチャンピオンの栄誉に輝いています。
その後もA310V6、V6GT、V6ターボ、A610などを生産し、1995年にA610の生産を終了したあとは、アルピーヌブランドでの生産が一旦途絶え、ルノースピダー、クリオ2 RS、メガーヌ2 RSなどのスポーティカーの製造を担当します。
2001年にルノーの会長にカルロス・ゴーンが就任した後、2007年10月9日にアルピーヌブランドを復活が発表されます。
そして、2012年にモナコGPにおいてコンセプトカーのアルピーヌA110-50が発表され、また同時にイギリスのケーターハムと提携が発表され、現在に至っています。

ルノー アルピーヌの中でも、A110は非常に人気があり、買取査定相場も一定の高値で推移しています。
ただ、故障などが多く、メンテナンスの難しさもあることから、A110をよく理解した輸入車やスポーツカーを専門に扱っているような買取店にて査定してもらうことが高値で売るポイントです。
また、ルノー 5・アルピーヌなども、アルピーヌの名前を冠したモデルとして人気があります。
相場よりも高く売るためには、複数の買取店と根気強く交渉を重ねていくことが重要で、1回の査定で簡単に決めてしまわないようにしましょう。
効果的に競合することで、少しでも高い買取価格を引き出すことができるでしょう。

このページの先頭へ