ルノー グランセニック 買取(下取り)査定

グランセニックを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

ルノー グランセニックの
かんたん無料査定はこちら




ルノー グランセニック 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。
外車、アメ車、欧州車の買取も対応

ルノー グランセニック買取相場/売却・査定価格を知ろう

ルノー グランセニックは、フランスの自動車メーカーのルノーが1996年から製造販売している小型ミニバンセニックの3列シート7人乗りタイプです。
ベースとなっているのはメガーヌで、初代モデルは7年間で280万台を売り上げ、小型ミニバンカテゴリーの中では、ヨーロッパ市場でベストセラーとなりました。
また、1997年にはメガーヌと共にヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いています。

ボディデザインはフロントがルーフからフロントにかけて一直線に傾斜し、キャビン部分からリアにかけてはずんぐりとしています。
車高が高いので室内スペースは広々としており、後席のシートはスライド及び脱着ができ、広大なラゲッジスペースが出現します。
また後席の足元には床下収納もあり、機能性が非常に高くなっていました。
搭載されたエンジンは、1.4L、1.6L、1.8L、2.0Lのガソリンエンジンと1.9Lのディーゼルエンジンの5種類が用意されましたが、日本への正規輸入は2.0Lガソリンエンジンのみとなりました。

2003年に2代目にフルモデルチェンジが行われ、ハッチバックモデルなどと同様の新世代デザインに生まれ変わり、シャープさが増しました。
搭載されるエンジンは、1.8Lガソリンエンジンがカタログから消え、その代わりに1.5Lディーゼルエンジンが加わりました。
2代目のフルモデルチェンジで注目されたのは、5人乗りのセニックに加えて、3列シート7人乗りのグランセニックの2タイプが用意されたことです。
ちなみに、日本国内にはこのグランセニックの2.0Lガソリンエンジン車が輸入されました。
現行型の3代目は2009年に登場し、7人乗りのグランセニックのほうが先に登場しました。外観が2代目よりもさらに精悍になっています。

ルノー グランセニックを高く売る場合は、複数の買取店を競合させるのがコツです。外車であっても国産車と同様に複数の買取店を競合させることで、互いに意識し合い、オークションのように査定外が吊り上がっていきます。
最も高い査定額をつけないと買取ができないからです。
ちなみに、2代目モデルの査定相場は50~60万円前後となっています。
年式の割には高額で売ることが可能となっていますが、丹念に複数の買取店を競合させることで、この相場よりもも高値を引き出すことを目指したいものです。
一括査定サイトを利用するのが便利で、買取店ははじめから競合されていることを意識した査定額をつけてくるでしょう。

このページの先頭へ