ロータス エクセルSA 買取(下取り)査定

エクセルSAを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

ロータス エクセルSAの
かんたん無料査定はこちら




ロータス エクセルSA 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。
外車、アメ車、欧州車の買取も対応

ロータス エクセルSA買取相場/売却・査定価格を知ろう

ロータス エクセルSAはイギリスのスポーツカーメーカーであるロータスが1982年から1992年まで製造販売していた2ドアクーペのロータス エクセルから、1986年にZF製 4HP22オートマチックトランスミッションを搭載したモデルとして追加販売されたクルマです。

ロータス エクセルは、ロータスの大ヒット車であるエリートをベースに製造されたロータス・エクラの後継車種として登場し、販売当初はエクラ・エクセルという名称で販売されたこともありました。
デザインは直線基調で、エクラと同様にリトラクタブル式ライトが採用されています。ボディ素材には、ロータスの特徴である強化プラスティック(FRPI)が採用されました。

パワートレインはエスプリにも搭載された最高出力172hp/6,500rpm、最大トルク25kgm/5,000rpmを発生する2.2L水冷直列4気筒DOHCエンジンが使われました。
駆動方式はFR方式、サスペンションはフロント、リア共にダブルウィッシュボーン式サスペンションが採用され軽快なハンドリングを実現しました。
またインテリアは座り心地が良い本革シートと、イギリス車らしい木目が張られたインパネという豪奢仕様で、快適なドライブを楽しむことができます。
なお、この時代、トヨタと提携関係にあったことから、トヨタ製の5速マニュアルトランスミッションが利用されたり、ホイールやドアノブなどはセリカのものが流用されました。
トヨタと共有部品を使うことでコストダウンをはかることができました。
1985年にはエンジンの最高出力を180馬力までアップさせたSEも追加されました。
ロータス エクセルSAやSEも含めて、10年間の総生産台数は2159台でした。

ロータスは日本でも人気が高く、流通している台数が多くないので、その希少性から中古車が出回ってもすぐに売り切れてしまうことが多いです。
そのためロータス エクセルSAを売る場合の買取査定相場も比較的高めで推移しています。
古いクルマになりますので、買取店によっては安く買いたたかれてしまう可能性もあります。
しかし、しっかり交渉を重ねれば、相場を上回る高値で売ることも可能です。
ネットオークションやロータスフアン同士の個人売買などもよく行われています。
また、一括査定サイトにて複数の買取業者から見積もりをしてもらうこともできます。
買取店同士を比較して、最高値をつけてくれた業者に売ることができるのが魅力です。

このページの先頭へ