ロータス エラン 買取(下取り)査定

エランを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

ロータス エランの
かんたん無料査定はこちら




ロータス エラン 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。


ロータス エランについて
エラン(Elan )は、イギリスのスポーツカーメーカー・ロータスがつくっていた乗用車。
1962年に初代エランが製造され、ロータス製GTカーとして製造された初代ロータス・エリートの後を引き継ぎ開発された。
エリートのFRPモノコックボディだと効率の良い生産ができなかったり、こもり音のマイナス点がありつかわれなかった。
ロータス エランの最初のシリーズ1(S1)はオープンボディのロードスター。
優れた走行性能と低価格で人気となった。
1965年にS2に発展、フィクストヘッドクーペ(FHC)モデルが誕生した。
1966年にはS3になり、パワーウインドウが採用されている。
1968年にはS4に進化して「エラン・スプリント」が登場した。
1973年に2シーターモデルの生産が終わり1975年に「ロータス+2 S130」と名付けられた+2の生産が終わった。
二代目エランはM100系と呼称され、ロータス・エスプリもてがけたピーター・スティーヴンスによってデザインされた。
ロータスは1986年にゼネラルモーターズの傘下になっていて、ロータス エラン2代目の価格はアメリカ市場で4万ドルだった。

外車、アメ車、欧州車の買取も対応

エラン買取相場/売却・査定価格を知ろう

愛着のある車も長く乗り続けていると、段々と不便に思えて来たり、不具合が生じてしまいます。
特に拘りがあってロータスのエランの様に、少し古い車に乗っていると、その反動で今度は機能が充実した最新式の車を乗りたいと考えたりするものです。
なのでその希望を実現するためにも、出来るだけ、エランを高く売る事が大事だったりします。
ですがそこで注意が必要なのは、車の買取査定というのは、持ち込む車買取業者により、査定額に大きな開きが出る事も珍しくない事です。

しかもエランの様に、外車でしかも少し古めの車だと、持ち込む買取業者によりその査定額の開きは、更に大きくなったりします。
だからこそエランを売る際は、まずは相場を掴み、適正価格を知る必要があります。
逆にそうしないと、買取業者のもっともらしい説明に騙され、相場よりもずっと安い価格で売ってしまう危険性があるのです。
ではエランを売る際の、買取相場を掴む方法ですが、出来るだけ多くの買取業者に査定を依頼するという方法がおすすめ出来ます。
そしてその上で、出された査定額を比較して行けば、エランの査定相場を掴む事が可能です。後は高い査定額を付けた買取業者を選び出せば、安く買い叩かれるのを避けるだけでなく、エランを高く売る事が出来ます。

このページの先頭へ