ロータス ヨーロッパS 買取(下取り)査定

ロータス ヨーロッパSを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

ロータス ヨーロッパSの
かんたん無料査定はこちら




ロータス ヨーロッパS 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。
外車、アメ車、欧州車の買取も対応

ロータス ヨーロッパS買取相場/売却・査定価格を知ろう

2006年夏、ロータス・ヨーロッパSが日本国内に上陸しました。
ロータス・ヨーロッパといえば、かつてスーパーカーブームが巻き起こったとき、小型スポーツカーとして大人気となったクルマで、漫画「サーキットの狼」でも主人公がこのクルマを巧みなハンドリングで走らせていたことで注目されました。

そのスーパーカーブームから30年以上の時を経て、2代目としてヨーロッパSが登場したわけです。スーパーカーブーム当時を良く知っている人にとっては、懐かしく感じたことでしょう。
ロータスからはエリーゼやエキシージなどのクルマが販売されていましたが、それらと比べると、ホイールベースが30mm長く、乗降性を高めるためにサイドが低くなっているなど、ロードカーとして気軽に乗ることができるクルマに仕上がっています。
それでもスパルタンなクルマであることは間違いなく、それはヨーロッパSに乗りこんだ瞬間から実感することでしょう。

搭載されるエンジンはゼネラルモーターズ製の最高出力200馬力、最大トルク27.7kgf·mを発生する直列4気筒DOHC 1,998cc空冷式インタークーラー付ターボで、ミッドシップに搭載されています。
このエンジンは、オペル・スピードスターのターボモデルに使用されたエンジンをチューニングしたものです。
1トンを切る軽い車両重量にハイパワーエンジンを搭載し、気持ちの良い加速を披露します。
ミッドシップ・レイアウトの特性として、ハンドルを切ったときのノーズの動きは非常に軽やかです。
乗り心地も想像しているよりはまろやかで、乗りやすいものとなっています。
豪華さは希薄ですが、走って楽しいというロータス・ヨーロッパの血を受け継いだクルマと言えるでしょう。

ヨーロッパSを売るときは、買取査定相場をチェックして、それよりも高値を目指したいものです。
そのためにはどの買取店に売るかということが重要になってきます。
スポーツカーを専門に扱っている買取店などでは高値が期待できますが、1社だけではなく、複数の買取店から査定してもらうことが大切です。
そして、その中から一番高い査定額を付けてくれた買取店に売ると相場よりも高く売ることができるでしょう。
また、一括査定サイトなどを利用すると、複数の業者から一括して査定依頼ができるので便利です。
また複数の業者を自動的に競合させることができるので、通常よりも高値を引き出しやすくなります。

このページの先頭へ