ローバー 200シリーズ 買取(下取り)査定

200シリーズを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

ローバー 200シリーズの
かんたん無料査定はこちら




ローバー 200シリーズ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。


ローバー 200シリーズについて
ローバー200(Rover 200)、後のローバー・25は、オースチン・ローバー・グループとMGローバーが生産していたコンパクトカー。
初代はホンダ・バラードがベースの4ドア・サルーン、2代目は3ドア・ハッチバックと5ドア・ハッチバックと同時に2ドア・クーペと2ドア・カブリオレがあった。
似ている車としてホンダ・コンチェルトは、同じ生産ラインでつくられていた。
最後の世代はローバーが先代のプラットフォームを使用して、3ドアと5ドア・ハッチバックが採用された。
2000年にはローバー・25とMG ZRと改め販売された。
2005年に生産は中止され、現在は中国の自動車メーカー南京汽車が生産権を持っている。

初代 SD3
トライアンフ・アクレイムの後を継ぎ、4ドア・サルーンのみで、中くらいの大きさだった。
200シリーズはイギリス製のホンダ・バラードとして二つの会社で力を合わせてつくられた。

2代目 R8
1989年にR8は発売され、ローバー・200 Mk 2と呼称されている。
バラードをベースに5ドア・ハッチバック車。

3代目 R3
先代R8よりも小さくなった。
第3世代の200は初めは人気があったが、3年も過ぎるとランキングでも10位から圏外になる。

外車、アメ車、欧州車の買取も対応

200シリーズ買取相場/売却・査定価格を知ろう

イギリスの自動車メーカーローバーからかつて販売されていた200シリーズは、ホンダのバラードをベースに製造されました。
イギリスで生産されたホンダ車という感じですが、随所にイギリスの香りが散りばめられていました。
特にインテリアは品の良いウォールナットパネルが使われるなど、日本車にはないゴージャスな雰囲気がありました。
初代はセダンでしたが、2代目以降はハッチバックに変わります。
最終モデルとなった4代目は1999年から2005年まで製造販売されましたが、スポーティな操縦性を持つシャシーが与えられ、エンジンも160馬力を発生する1.8LエンジンがホットモデルMGZRに搭載されました。

200シリーズを売る場合は、まず買取査定相場を知ることから始めると良いでしょう。
その相場を参考にしながら、査定額を比較し、高いか安いかを判断します。
相場よりも安い場合は、その買取業者に売るのではなく、違う買取業者を売るようにすると良いでしょう。
一括査定サイトを利用すると、複数の買取業者から査定をとることができるのでおすすめです。
それぞれ提示される査定額を比較しながら、一番高い買取価格をつけてくれた業者に売るようにするとお得です。

このページの先頭へ