三菱 ミニカ 買取(下取り)査定

ミニカを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

三菱 ミニカの
かんたん無料査定はこちら




三菱 ミニカ 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみにミニカの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なりますが、1万円~59万円前後の開きがあるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


三菱 ミニカについて
ミニカ(MINICA)は、三菱自動車工業で販売されていた軽自動車。
1962年、初代LA20/21/23型は三菱自動車一番目の軽乗用車として販売スタートした。
軽ボンネットバン、三菱・360を基本に、ほとんど同じドライブトレーンやプレスを使用して、車の後ろのシステムやグリルの形状に手を加えて、4人乗り軽乗用車として開発された。
2代目ミニカ A100/101・A100/101V・H-A104/105V・J-A106V型はターゲットを若年層にして、ミニカ’70として販売された。
後に名前をミニカ71変えると、グレード「ファミリーデラックス」を加えた。
派生してクーペ型のミニカスキッパーも発売された。
マイナーチェンジの際、スキッパーの印象を取り入れるためにミニカ72へ名前を変えた。
フルモデルチェンジして、ミニカF4として3代目 A103A・C-A104A型が登場した。
ミニカ・アミ55やミニカ・アミLとして、4代目 A105A/106A・A107A/V型が発売された。
5代目 H11A/V・H12V・H14A/V・H15A/V型
3ドアターボに特別仕様車「ジャッカル」、エコノに「パセリ」が販売された。
6代目 H21A/V・H22A/V・H26A/V・H27A/V型、7代目 H31A・H32A/V・H36A・H37A/V型、8代目 セダン・H42A/47A型、バン・H42V/47V型などがラインナップされている。
2011年ミニカの生産が終わる。

ミニカ買取相場/売却・査定価格を知ろう

今の車に飽きてきた、乗りにくくなったので買い換えようと思う人は、一度インターネットで査定のことを調べてみましょう。
昔と違い、今では家に居ながら簡単に複数の会社に査定を依頼することが可能です。
もちろん同じマシンであっても走行距離や年数によって異なりますが、例えばミニカではどうでしょうか。
三菱ミニカは三菱自動車初の軽自動車として発売されました。
モデルチェンジを重ね現代に至る歴史のある車種の内のひとつです。

買取価格は変動するので一概に言えません。
1社だけだとそれが本当に相場に準じているのかが分りにくいので、複数の買取店に査定をお願いしてみましょう。
しかし複数となると面倒だと思う人もいるでしょうが、実際は一括査定という形が多く、それほど手間はかからない場合がほとんどです。
売る立場からすると、出来るだけ高額で売りたいので、相場から大きく外れることが無くなるこの方法は、車を売る際にはとても有効だと言えます。
もちろん傷やヘコみ、付属品の有無により価格は異なりますが、掃除や消臭をしっかりとし、取り扱い説明書やスペアキーなどの付属品もキチンとそろえる事は、売る側にとっては最低限のマナーなのではないでしょうか。

このページの先頭へ