日産 スカイライン 買取(下取り)査定

スカイラインを売るといくらになるか?
価格を知っておこう!

日産 スカイラインの
かんたん無料査定はこちら




日産 スカイライン 買取 査定価格

自分の車を今、売るといくらになるか?
中古車買取り価格の相場を知ることは、かなり大事です。
なぜなら買取(下取り)業者によって、値段が違うからです。
(在庫状況などが理由です)

できるだけ多く、インターネットで中古車の買取見積もり査定をして、売却した場合の料金を把握することをおすすめします。
ちなみに見積もり査定は無料で、簡単にできちゃいます。
しかも査定して売らなくてもOKなので、
とりあえず愛車を売った場合の現在の値段を知りましょう。
そして売る場合は、一番高い金額の所で売りましょう。

短時間で簡単に愛車の値段が分かる、
おすすめの無料査定サイトはこちらです。
⇒ かんたん無料査定をする

上記の査定サイトは一括で複数見積もり料金がわかるので便利です。

ちなみに日産 スカイラインの買取価格の相場は年式、走行距離、グレードによって異なりますが、76万円~265万円前後の開きがあるので、一括査定サイトで具体的な値段を把握することをおすすめします。


日産 スカイラインについて
スカイライン(SKYLINE)は、以前プリンス自動車工業が開発し製造して販売していたが、合併後日産自動車が製造・販売する乗用車。
初代スカイライン ALSI型、2代目スカイライン S50型、3代目スカイライン C10型、4代目 C110型、5代目 C210型と経て、6代目 R30型、7代目 R31型、8代目 R32型、9代目スカイラインR33型と経ている。
1993年のR33(アールサンサン)、GT9(ジーティーナイン)ではボディが大きくなり、主なラインナップは2.5L、全車3ナンバーとなった。
1998年、10代目スカイライン R34型が登場した。
ホイールベースを短く、ボディの堅さがアップして、より安全になった。
ターボ車と同じ足回りの「25GT-V」が販売された。
2001年11代目スカイライン V35型が登場した。
直列6気筒エンジンに変更になり、V型6気筒直噴ガソリンエンジンのVQ30DD型、VQ25DD型が装備された。
2006年12代目スカイライン V36型がスタートした。
オプションとして四輪操舵システム「4輪アクティブステア 」がスポーツグレードの「350GT Type SP」「350GT Type S」に採用されている。
2014年、13代目スカイライン V37型が開始。
前年に、北米で新型インフィニティQ50が発表され、日本でV37型として発表になった。
全グレードがハイブリッド車なのは初めてだった。
「250GT」「250GT Type S」「250GT FOUR」のグレードがラインナップされた。

スカイライン買取相場/売却・査定価格を知ろう

スカイラインは一括見積もりサイトで比較査定をしてから売却しましょう。
高く売るのはプロの技だと思われる方が多いでしょうが、素人でも高値を引き出せるのがこの方法です。
スカイラインの新車の場合ですと、希望小売価格という明確な価値基準が存在しますが、中古車の価値となると曖昧でしょう。
実際に比較査定をするとわかりますが、実に買値は幅広いのです。
各社により相場が異なるので、各社が提示した相場の中で最高額の買取業者に売却する必要があります。

通常、買取業者は安い金額を出してくるものです。
高く買取するという話していますが、本音は安く買いたいのです。
安く買うほど業者の利益となり、査定スタッフの成績となります。
一括査定を受けてからスカイラインを売れば、20万円以上は高く売ることが可能でしょう。
比較せずに1社だけ決めて売っても、高く売ることはできません。
大手業者に売れば失敗しないと思うでしょうが、大手業者にも得意車種とそうでない車種があるのです。
業者が欲しがっていない車種を売却しても、あまり高くは売れないわけです。
愛車を高く売るには、愛車を欲しがっている業者に売却するのが理想です。
そのために、中古車の一括査定サイトを利用して最高値の業者を絞りましょう。

このページの先頭へ